So-net無料ブログ作成
検索選択

ファンダメンタルミクロ経済学第2版 [ミクロ経済学]

ファンダメンタルミクロ経済学第2版 荒井一博中央経済社この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年10月登録情報サイズ:単行本ページ数:424pISBN:9784502662003【内容情報】(「BOOKデータベースより)かゆいところに手が届く詳しい説明。標準的な問題を網羅。必要な予備知識は中学レベルの数学。日本人的な思考を取り入れた解説(行動経済学的な視点も)。内容を端的にまとめた小見出しを多用。【目次】(「BOOK」データベースより)ミクロ経済学の考え方/消費者行動/消費者の需要曲線/企業行動/企業の費用曲線と供給曲線/完全競争市場の均衡/派生需要と生産要素市場/多期間資源配分/一般均衡論/不確実性と情報〔ほか〕【著者情報】(「BOOK」データベースより)荒井一博(アライカズヒロ)Illinois大学大学院修了(Ph.D.)。一橋大学大学院経済学研究科教授。1979年(米)Purdue大学客員助教授。1992年(豪)Queensland大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経済・財政,,gt, 経済学 詳しくはこちら


nice!(38) 

【送料無料】ゲーム理論で読み解く国際法 [ゲーム理論]

送料無料ゲーム理論で読み解く国際法 商品副データ国際慣習法の機能森大輔勁草書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年12月登録情報サイズ:単行本ページ数:352pISBN:9784326402632【内容情報】(「BOOKデータベースより)激動の時代。中央集権機関のない国際社会で、法は救世主となりうるのか。自国の利益を考えつつ戦略的に行動する国家と、国家の行動から生まれてくる国際慣習法。その相互作用をゲーム理論で分析し、慣習法が国際社会で果たす機能を、新進気鋭の学者が問う。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章,,,序論/第2章,,,国際社会と国際法の特徴/第3章,,,国際慣習法制度の概要/第4章,,,経済学の考え方/第5章,,,国際慣習法とゲーム理論/第6章,,,国際慣習法の進化ゲーム/第7章,,,国際慣習法と評判効果/第8章,,,国際慣習法の機能への洞察/第9章,,,国際慣習法の規範的分析/第10章,,,多国間協力の可能性/第11章,,,国際慣習法の制度設計/第12章,,,国際慣習法を捉える新しい視点【著者情報】(「BOOK」データベースより)森大輔(モリダイスケ)1981年愛知県に生まれる。2004年東京大学法学部卒業。2006年東京大学法学政治学研究科修士課程修了(法社会学)。2009年ジョージメイソン大学ロースクールにてLL.M.(法と経済学)取得。現在、東京大学法学政治学研究科助教。法と経済学、法社会学専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,人文・思想・社会,,gt, 法律,,gt, 法律 詳しくはこちら


nice!(2) 

ゲーム理論・入門 [ゲーム理論]

ゲーム理論・入門 商品副データ人間社会の理解のために有斐閣アルマ岡田章有斐閣この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年08月登録情報サイズ:全集・双書ページ数:310pISBN:9784641123625【内容情報】(「BOOKデータベースより)人間はなぜ対立し合い、うまく協力できないのでしょうか?この問題は社会・国際問題から、日常生活まで、現代の大きな課題です。これらの問題を考えるための共通言語としてのゲーム理論の、基礎から最新の成果までを豊富な例を交えながら楽しくべるように工夫しました。【目次】(「BOOK」データベースより)ゲーム理論とは何だろうか?/選択と意思決定/戦略ゲーム/ナッシュ均衡点/利害の対立と協力/ダイナミックなゲーム/繰り返しゲーム/不確実な相手とのゲーム/交渉ゲーム/グループ形成と利得分配/進化ゲーム/ゲーム実験【著者情報】(「BOOK」データベースより)岡田章(オカダアキラ)1954年生まれ。1977年、東工業大学理学部数学科卒業。1982年、東京工業大学大学院総合理工学研究科システム科学専攻博士課程修了(理学博士)。1982年より東京工業大学理学部情報科学科助手、1989年より埼玉大学大学院政策科学研究科講師、同年助教授、1991年京都大学経済研究所助教授、1996年京都大学経済研究所教授を経て、2004年より、一橋大学大学院経済学研究科教授。専攻はゲーム理論、理論経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経済・財政,,gt, 経済学 詳しくはこちら


nice!(1) 

社会科学者のための進化ゲーム理論 [ゲーム理論]

社会科学者のための進化ゲーム理論 商品副データ基礎から応用まで大浦宏邦勁草書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年09月登録情報サイズ:単行本ページ数:361pISBN:9784326602131【内容情報】(「BOOKデータベースより)ひとびとが他人の真似をしたり試行錯誤したりするときに、社会は全体としてどのように変化していくのか。メイナード=スミス以来、生物学の領域から発展してきた進化ゲーム理論の中級テキスト。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章進化ゲーム理論とは何か/第2章ダイナミクスの基礎/第3章レプリケーターダイナミクス/第4章学習ダイナミクス/第5章非対称ゲームのダイナミクス/第6章進化ゲーム理論のフロンティア/第7章数学的な補足【著者情報】(「BOOK」データベースより)大浦宏邦(オオウラヒロクニ)1962年京都府生まれ。1987年京都大学大学院理学研究科修士課程修了(植物分類学)。1992年京都大学文学部卒業(心理学)。1997年京都大学大学院人間・環境学研究科博士課程修了。帝京大学経済学部准教授。博士(人間・環境学)。数理社会学、進化ゲーム理論、社会的ジレンマ、秩序問題(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経済・財政,,gt, 経済学 詳しくはこちら


nice!(1) 

【送料無料】公共財供給問題の提携ゲーム理論分析 [ゲーム理論]

送料無料】公共財供給問題の提携ゲーム理論分析 平井俊行三菱経済研究所この著者の新着メールを登録する発行年月:2009年10月登録情報サイズ:単行本ページ数:116pISBN:9784943852292【目次】(「BOOKデータベースより)第1章,,,序論(公共財供給問題/提携形ゲーム理論について/本書の構成/本書で用いる記号)/第2章,,,提携形ゲーム理論の基礎(提携形ゲーム理論/NTU提携ゲーム/コアと安定集合/コアと安定集合に関する主要な結果)/第3章,,,公共財経済のコア(提携ゲーム理論による公共財供給問題分析/公共財経済/公共財経済のコア/コアの非空性:複数公共財・複数私的財の場合/コアの非空性:1公共財・1私的財の場合/第3章のまとめ)/第4章,,,費用分担ルールの下での公共財供給(公共財供給とルールによる費用分担/公共財経済/費用分担ルールの下でのコアと安定集合/コアの性質:非空性および安定集合との関係/コアが空集合の場合の安定集合/第4章のまとめ)/第5章,,,多数決による公共財供給(多数決による公共財供給水準の決定/公共財経済/多数決におけるコアと安定集合/1公共財の場合/複数公共財の場合/第5章のまとめ)【著者情報】(「BOOK」データベースより)平井俊行(ヒライトシユキ)2002年慶応義塾大学経済学部卒業。2004年慶応義塾大学大学院経済学研究科修士課程修了。2008年慶応義塾大学大学院経済学研究科博士課程修了。現在、東京工業大学社会理工学研究科社会工学専攻助教、博士(経済学)。元・三菱経済研究所研究員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経済・財政,,gt, 財政 詳しくはこちら


nice!(0) 

 【中古】新書 ミクロ経済学入門【マラソンP10】 [ミクロ経済学]

 【中古】新書 ミクロ経済学入門マラソンP10】 発売日 1990/03/01 定価 860円 メーカー 日本経済新聞出版社 型番 - JAN 9784532015237 著 奥野正寛 備考日経文庫 523 関連商品はこちらから 奥野正寛 日本経済新聞出版社 詳しくはこちら


nice!(1) 

ゲーム理論 [ゲーム理論]

ゲーム理論 商品副データ人間と社会の複雑な関係を解くワードマップ佐藤嘉倫新曜社この著者の新着メールを登録する発行年月:2008年11月登録情報サイズ:単行本ページ数:185pISBN:9784788511354【内容情報】(「BOOKデータベースより)なにごとも、相手の出方が重要だ―ジレンマに満ちた関係を解き明かすための強力なツール、「ゲーム理論」。その基本的な考え方を、初心者がつまずきやすい勘所を押さえつつキーワードで解説。【目次】(「BOOK」データベースより)1ゲーム理論の基礎概念(ゲーム理論の考え方―勝者かチキンか/ナッシュ均衡―ゲームの解ほか)/2展開形ゲーム(展開形ゲーム―相手の行動を見てから手を選ぶ/部分ゲーム完全ナッシュ均衡―部分ゲームを切り出すほか)/3不完備情報ゲーム(不完備情報ゲーム―腹の探り合い/完全ベイジアン均衡―戦略と信念の相互連関ほか)/4進化ゲーム(進化ゲーム理論―戦略の分布とその変化/進化的安定戦略―侵入者への耐性ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)佐藤嘉倫(サトウヨシミチ)1957年東京生まれ。1982年東京大学文学部卒業。1987年東京大学大学院社会学研究科単位取得退学。1997年東北大学博士(文学)。現在、東北大学大学院文学研究科教授(ディスティングイッシュト・プロフェッサー)。専門は、ゲーム理論やコンピュータシミュレーションを用いた社会変動や信頼の研究と社会調査データに基づいた社会階層研究(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経済・財政,,gt, 経済学 詳しくはこちら


nice!(0) 

ゲーム理論 [ゲーム理論]

ゲーム理論 岡田章有斐閣この著者の新着メールを登録する発行年月:1996年12月登録情報サイズ:単行本ページ数:406pISBN:9784641067943【内容情報】(「BOOKデータベースより)ゲーム理論の最新決定版テキスト。ゲーム理論とは何かに始まり、ノーベル経済学賞受賞者のハルサニ、ナッシュ、ゼルテンの業績を中心とする現代ゲーム理論の体系を懇切丁寧に説明する。的確な記述と豊富な応用例。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章ゲーム理論とは何か/第2章戦略形ゲーム/第3章展開形ゲーム/第4章完全均衡点/第5章情報不完備ゲーム/第6章繰り返しゲーム/第7章期待効用理論/第8章交渉ゲーム/第9章提携形ゲーム/第10章コアの理論/第11章他の協力ゲーム解/第12章ゲーム理論のフロンティアこの商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経済・財政,,gt, 経済学 詳しくはこちら


nice!(0) 

入門ミクロ経済学第2版 [ミクロ経済学]

入門ミクロ経済学第2版 井堀利宏新世社(渋谷区)/サイエンス社この著者の新着メールを登録する発行年月:2004年11月登録情報サイズ:全集・双書ページ数:437pISBN:9784883840786【内容情報】(「BOOK」データベースより)経済学のもっとも基本的な枠組みがまとめられたミクロ経済学について、そのごく初歩的前提から中級レヴェルの内容まで一気に説き明かし、刊行以来幅広く好評を得たテキスト、待望の改訂版!本書の特長はミクロ経済学における基礎的理論の解説を基本にしながら現実の経済問題を考察する際にもそうした理論が有効に適用できる可能性を示すことに重点を置いたところにあり、第2版ではこのようなアプローチをより明確にして、改訂を行った。まず理論の説明については、構成と記述を全面的に見直し、モデル分析の基本的な考え方に一層の理解が得られるよう、配慮した。数値例や図表を援用するというスタイルにも創意工夫をこらし、初学者でも直感的理解が得られるものとしている。さらにゲーム理論、情報の非対称性など、新たなミクロ経済学におけるテーマについても、内容の更新を図った。そして各理論と関連した、最近の日本経済の話題を数多く紹介して、リアリティをもってミクロ経済学が学べる本となっている。3色刷として体裁を一新し、いままでにない読みやすさ・わかりやすさを実現した、ミクロ経済学テキストの決定版。【目次】(「BOOK」データベースより)ミクロ経済学とは何か/需要と供給/消費の理論/消費理論の応用/企業と費用/生産の決定/市場と均衡/要素価格と所得分配/独占/ゲームの理論/寡占/外部性/不完全情報【著者情報】(「BOOK」データベースより)井堀利宏(イホリトシヒロ)1952年岡山県に生まれる。1974年東京大学経済学部卒業。1980年ジョンズ・オプキンス大学Ph.D.現在、東京大学大学院経済学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経済・財政,,gt, 経済学 詳しくはこちら


nice!(0) 

【送料無料】行動ゲーム理論入門 [ゲーム理論]

【送料無料】行動ゲーム理論入門 川越敏司NTT出版この著者の新着メールを登録する発行年月:2010年03月登録情報サイズ:単行本ページ数:293pISBN:9784757122581【内容情報】(「BOOKデータベースより)「リアルな人間」のゲーム理論。実験経済学や行動経済学の成果をふまえ、多様な人間行動を解明するゲーム理論の最先端、初の本格的入門書。【目次】(「BOOK」データベースより)第0章,,,行動ゲーム理論の概要/第1章,,,決定不能性/第2章,,,混合戦略/第3章,,,学習理論/第4章,,,予測と推論/第5章,,,ロジット均衡/第6章,,,コーディネーションとコミュニケーション/第7章,,,メカニズム・デザイン論/第8章,,,社会的学習と制度変化【著者情報】(「BOOK」データベースより)川越敏司(カワゴエトシジ)1970年和歌山県和歌山市生まれ。福島大学経済学部卒業。大阪市立大学大学院経済学研究科前期博士課程修了。博士(経済学)。現在、公立はこだて未来大学システム情報科学部複雑系科学科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経済・財政,,gt, 経済学 詳しくはこちら


nice!(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。