So-net無料ブログ作成
検索選択
行動経済学 ブログトップ

ねじれ脳の行動経済学 [行動経済学]

ねじれ脳の行動経済学 日経プレミアシリーズ 著者:古川雅一出版社:日本経済新聞出版社サイズ:新書ページ数:221p発行年月:2009年04月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOKデータベースより)なぜかお金が貯まらない、宝くじや競馬で散財する、デートも接待もうまくいかない、自分の意見が受け入れられない…。誰もが体験する「身近な悩み」の背景に、どんなメカニズムが働くのか。気鋭の研究者がとことん平易に読み解く。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章,,,理不尽な上司─自信過剰/第2章,,,契約が取れない本当の理由─認知不協和/第3章,,,ひねくれ者は成功する─フレーミング効果/第4章,,,損得を的確にとらえる方法─価値関数/第5章,,,あのビジネスは本当に儲かるのか─利用可能性ヒューリスティック/第6章,,,見積もりなんて嘘だらけ─アンカリング/第7章,,,都合よくとらえれば致命傷─確率加重/第8章,,,2年目のジンクス─代表性ヒューリスティック/第9章,,,頑固になれば成功できる─選好の変化とコミットメント【著者情報】(「BOOK」データベースより)古川雅一(フルカワマサカズ)1967年奈良県生まれ。京都大学大学院経済学研究科修了。博士(経済学)。京都大学経済研究所にて、行動経済学の視点から、人間の意思決定や行動、生活習慣に関する研究に取り組んでいる。テレビ、ラジオ、講演など多方面で活躍(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本, ビジネス・経済・就職, 経済・財政, 経済学 詳しくはこちら



nice!(0) 

実践行動経済学 [行動経済学]

実践行動経済学 商品副データ健康、富、幸福への聡明な選択リチャード・H.セイラー/キャス・R.サンスタイン日経BP社/日経BP出版センターこの著者の新着メールを登録する発行年月:2009年07月登録情報サイズ:単行本ページ数:415pISBN:9784822247478 “使える”行動経済学の全米ベストセラー本書のテーマ「ナッジ」(NUDGE)は、「肘で軽く相手をつついて、その注意を促したり、ある行為を勧めたりするしぐさである」。例えば、パソコンに現れる「この文書は変更されています。保存しますか?」という親切な警告画面に似ている。この機能のおかげで、我々はせっかくの作業を無駄にしてしまうリスクを免れる。社会生活上のもっとずっと複雑で、まれにしか直面しない数々の場面―医療、貯蓄、借金投資―で、こうした“オススメ”行為のアドバイスがもらえるとしたらどうだろう?民間や公の制度・仕組みの中にそのような“ナッジ”が組み込まれていれば、社会はもう少し暮らしやすくなるはずだ。【内容情報】(「BOOKデータベースより)市場には何が足りないのだろう?ごく凡庸な我々は、様々な人生の決断において自らの不合理性とひ弱さに振り回され続ける。制度に“ナッジ”を組み込めば、社会はもう少し暮らしやすくなる。“使える”行動経済学の全米ベストセラー。世界的な金融危機を読み解いた「国際版あとがき」も収録。【目次】(「BOOK」データベースより)第1部,,,ヒューマンの世界とエコノの世界(バイアスと誤謬/「誘惑」の先回りをする,,,ほか)/第2部,,,個人における貯蓄、投資、借金(意志力を問わない貯蓄戦略/オメデタ過ぎる投資法,,,ほか)/第3部,,,社会における医療、環境、婚姻制度(社会保障制度の民営化─ビュッフェ方式/複雑きわまりない薬剤給付プログラム,,,ほか)/第4部,,,ナッジの拡張と想定される異論(一二のミニナッジ/異論に答えよう,,,ほか)【著者情報】(「BOOK」データベースより)セイラー,リチャード(Thaler,Richard,,,H.)シカゴ大学経営大学院教授、同大学意思決定研究センター所長。行動経済学の指導的研究者の一人であり、政策提案でも実績があるサンスティーン,キャス(Sunstein,Cass,,,R.)ハーバード大学法科大学院教授。研究分野は種々の法制度から行動経済学まで幅広い。シカゴ大学で教鞭をとっていた遠藤真美(エンドウマサミ)翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,,,ビジネス・経済・就職, 経済・財政, 経済学 詳しくはこちら


nice!(0) 

セイラー教授の行動経済学入門 [行動経済学]

セイラー教授の行動経済学入門 著者:リチャード・H.セイラー/篠原勝出版社:ダイヤモンド社サイズ:単行本ページ数:308p発行年月:2007年10月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOK」データベースより)伝統的な経済学が前提とする、「自己利益の最大化」のために「最も合理的な」選択をするという人間行動の原則は、現実を反映したものとはいえない。本書では、経済理論では説明のつかない身近な市場の矛盾や、例外とする経済現象にスポットを当て、心理学と融合した新しい経済学のアプローチを示す。【目次】(「BOOK」データベースより)経済理論と「例外」―合理的行動モデルはどこまで正しいか/協調戦略―人はいつどんな理由から協力するようになるか/最終提案ゲーム―「不公平なら断ってしまえ」という意思/産業間賃金格差―同じ職種なのになぜ給料に差が出るのか/オークション―勝者は「敗者」となる呪いをかけられている/損失回避―手放すものは得るものより価値がある/選好の逆転現象―選好の順位付けはプロセスのなかで構築される/期間選択―金利と割引率についての損得勘定/心理会計―貯蓄と消費は人間的に行われる/ギャンブル市場―競馬と宝クジにみる「市場の効率性と合理性」/株式予測(1)―株式市場のカレンダー効果/株式世族(2)―株価は平均値に回帰する/投資家感情仮説―クローズド・エンド型ファンドの不思議/外国為替市場―金利差と為替レートの謎【著者情報】(「BOOK」データベースより)セイラー,リチャード(Thaler,RichardH.)株式市場の「リターン・リバーサル」など、大胆な市場分析で注目を集める米国の行動経済学者。現在はシカゴ大学経営大学院教授。また、同大学院の意思決定研究センター所長。1945年生まれ、67年にケース・ウェスタン・リザーブ大学にて学士号を、74年にロチェスター大学にてPh.D.をそれぞれ取得。シカゴ大学に移籍する前、コーネル大学で教鞭をとっていた篠原勝(シノハラマサル)1937―2005。翻訳家。香川県生まれ。早稲田大学第一商学部卒(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本, ビジネス・経済・就職, 経済・財政, 経済学 詳しくはこちら


nice!(0) 

行動経済学 [行動経済学]

行動経済学 経済は「感情」で動いている光文社新書 著者:友野典男出版社:光文社サイズ:新書ページ数:397p発行年月:2006年05月この著者の新着メールを登録する【内容情報】(「BOOKデータベースより)「経済人」という特別の人々をご存知だろうか?禁煙や禁酒やダイエットに失敗するなんてことはありえない。しょっちゅう電車の中に傘を忘れたり、ダブルブッキングをして友人を不愉快な気持ちにさせたり、当たるはずのない宝くじに大金を投じたりはしない。経済活動を行なっている人、つまりわれわれすべてがこのような人物であるという想定の下で、標準的経済学は構築されている。感情などに振り回されない、超合理的な経済人を扱う経済学は、どこか現実にそぐわない。感情、直感、記憶など、心のはたらきを重視し、私たちの現実により即した経済学を再構築しようとする新しい学問、「行動経済学」の基礎を、詳しく解説。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章経済学と心理学の復縁―行動経済学の誕生/第2章人は限定合理的に行動する―合理的決定の難しさ/第3章ヒューリスティクスとバイアス―「直感」のはたらき/第4章プロスペクト理論(1)理論―リスクのもとでの判断/第5章プロスペクト理論(2)応用―「持っているもの」へのこだわり/第6章フレーミング効果と選好の形成―選好はうつろいやすい/第7章近視眼的な心―時間選好/第8章他者を顧みる心―社会的選好/第9章理性と感情のダンス―行動経済学最前線【著者情報】(「BOOK」データベースより)友野典男(トモノノリオ)1954年埼玉県生まれ。早稲田大学商学部卒、同大学院経済学研究科博士後期課程退学。明治大学短期大学教授を経て、2004年より明治大学情報コミュニケーション学部教授、同大学院グローバル・ビジネス研究科講師。専攻は行動経済学、ミクロ経済学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本, ビジネス・経済・就職, 経済・財政, 経済学 詳しくはこちら


nice!(0) 

行動経済学入門 [行動経済学]

行動経済学入門 多田洋介日本経済新聞出版社この著者の新着メールを登録する発行年月:2003年12月登録情報サイズ:単行本ページ数:238pISBN:9784532350642【内容情報】(「BOOKデータベースより)「自分に都合の良い情報ばかり優先し」「損失ばかりを過大評価する」非合理的な人間行動の謎をズバリ解明する初の入門書。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章行動経済学とは何か?―「限界知らずの経済人間」への挑戦/第2章人間はどこまで合理的か?―限定合理性の経済学/第3章近道を選ぶと失敗する―信念や判断に潜む罠/第4章プロスペクト理論―リスクが存在する下での選好理論/第5章非合理的な投資家は市場を狂わす―行動ファイナンスの世界/第6章人間は「超」自制的か―先送り、その場の快楽、自己制御/第7章人間は他人の目を気にするもの―「目には目を歯には歯を」の経済学/終章心理学的アプローチの限界と今後の展望【著者情報】(「BOOK」データベースより)多田洋介(タダヨウスケ)1973年生まれ。1996年東京大学経済学部卒業。同年経済企画庁(現内閣府)入庁。ハーバード大学大学院修士。東京都立大学経済学部非常勤講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,,,ビジネス・経済・就職, 経済・財政, 経済学 詳しくはこちら


nice!(0) 

海外立地選択の行動経済学 [行動経済学]

海外立地選択の行動経済学 著者:水戸康夫出版社:創成社サイズ:単行本ページ数:185p発行年月:2005年04月この著者の新着メールを登録する【目次】(「BOOKデータベースより)第1章壁に直面する海外立地選択研究/第2章実験に基づいて議論することの必要性・妥当性/第3章「非合理な」選択行動―「囚人のジレンマゲーム、「安心」ゲーム、「チキン」ゲーム/第4章「2段階選択」/第5章「月額賃金」/第6章利益率の軽視―「非利益率選択」/第7章リスク要因の軽視/第8章「同調行動」と「同調忌避行動」/第9章依頼・要請/第10章明らかにできたこと、および今後の課題【著者情報】(「BOOK」データベースより)水戸康夫(ミトヤスオ)1959年兵庫県尼崎市生まれ。1982年関西大学商学部商学科卒業。1990年大阪府立大学経済学研究科博士課程単位取得。2001年博士(経済学)。九州共立大学経済学部教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。 ・本, 詳しくはこちら



nice!(0) 
行動経済学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。