So-net無料ブログ作成
検索選択
新制度派経済学 ブログトップ

新制度派経済学による組織入門第4版 [新制度派経済学]

新制度派経済学による組織入門第4版 商品副データ市場・組織・組織間関係へのアプローチアーノルド・ピコー/ヘルムート・ディートル白桃書房この著者の新着メールを登録する発行年月:2007年05月登録情報サイズ:単行本ページ数:442pISBN:9784561264613【内容情報】(「BOOKデータベースより)第4版では経済学的な視点から「組織」を描くという従来の特徴に加え、コーポレートガバナンスの分析や、わが国ではまだ珍しいスポーツビジネスにたいする理論的分析が加えられた。各章末に演習問題が付け加えられるなど、より分かりやすい工夫がなされる。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章組織問題の発生/第2章組織問題の解決/第3章組織の経済理論/第4章競争のフレームワークとしての市場組織/第5章組織間関係としての組織/第6章企業の内部領域としての組織/第7章リオーガニゼーション:組織の再編成この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経営,,gt, 経営戦略・管理 詳しくはこちら



nice!(2) 

新制度派経済学入門 [新制度派経済学]

新制度派経済学入門 商品副データ制度・移行経済・経済開発ティモシ-・J.イェ-ガ-/青山繁東洋経済新報社この著者の新着メールを登録する発行年月:2001年03月登録情報サイズ:単行本ページ数:208pISBN:9784492312889【内容情報】(「BOOKデータベースより)本書は、新制度派経済学の主要な要素をやさしい表現で解説するとともに、その理論を経済発展、移行経済、比較経済体制という興味深いテーマに適用し分析している。制度の重要性を理解し、さらには理論としての制度を現実に適用する能力を養うばかりでなく、「なぜ一部の国は豊かで多くの国は貧しいのか」という複雑な疑問の核心に迫ることができるであろう。【目次】(「BOOK」データベースより)第1章序論/第2章従属論と新古典派成長理論/第3章コースの定理:制度とのつながり/第4章制度と経済成長:静学的ケース/第5章制度と経済成長:動学的ケース/第6章制度の創造者としての国家組織/第7章社会主義から資本主義への移行/第8章移行におけるポーランドとロシア/第9章制度と経済発展/第10章メキシコと韓国の開発/第11章中国の移行と開発/第12章結論【著者情報】(「BOOK」データベースより)イェーガー,ティモシー・J.(Yeager,TimothyJ.)1965年生れ。ワシントン大学Ph.D.同大学でダグラス・ノースの教えを受ける。カリフォルニア州立ハンボルト大学助教授などを経て、1997年からセント・ルイス連邦準備銀行の銀行監督・規制部門のエコノミスト兼シニア・マネージャー。連銀では銀行業に関する調査研究、銀行検査官に対するリスク管理手法の教育、マクロ経済調査の指導、連邦公開市場委員会(FOMC)の準備会合への出席など多彩な業務をこなしつつ、母校のワシントン大学でも非常勤講師としてマクロ経済学と移行経済・開発経済論を講義している。著書にwebテキスト『IntroductiontoMacroeconomics』があるほか、銀行論を中心に論文多数。妻、4人の子供とミズーリ州に在住青山繁(アオヤマシゲル)1953年青森県生まれ。1977年一橋大学経済学部卒業後、大蔵省入省。国際金融公社(IFC)出向、大臣官房企画官、ポーランド共和国大蔵大臣顧問などを経て、退官。1999年より長崎大学経済学部教授(開発経済学担当)。著書に『欧州の大国ポーランド―高成長の秘密』大蔵省印刷局、1997年。『東欧・ロシアの金融市場―経済改革とビッグバン』(本間勝氏との共著)、東洋経済新報社、1998年(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)この商品の関連ジャンルです。本,,,,,gt,,,,ビジネス・経済・就職,,gt, 経済・財政,,gt, 経済学 詳しくはこちら



nice!(0) 
新制度派経済学 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。